施設・設備

当院の院内風景や設備・使用機器などを、解説とともに写真でご紹介いたします。
各写真にカーソルを合わせると解説がご覧になれます。
また、写真をクリックすると拡大してご覧になれます。

外観

外観

中央アニマルクリニックの大きな看板が目印です

受付

受付

笑顔で動物たちと飼い主様をお迎えいたします

待合室

待合室

動物たちにも飼い主様にもくつろいでお待ちいただけるよう、
落ち着いた色調の広い待合室となっています

第一診察室

第一診察室

おもに大型犬の診察やレントゲンの説明などに使用します

第二診察室

第二診察室

おもに小型犬や猫の診察、レントゲンの説明などに使用します

第三診察室

第三診察室

診察室としてのほかに、トリミングルームとしても使用します

処置室

処置室

手術以外の簡単な処置やエコー検査などの各種検査に使用します

入院室

入院室

犬・猫それぞれの専用入院室です。
動物たちの状態がいつでも確認できるよう、入り口ドア上部はガラス張りになっています。

レントゲン室

レントゲン室

動物、撮影部位にかかわらず、きれいな写真が撮れる最新の機器をそろえております

手術室

手術室

安全な手術を行うためのさまざまな機器の備わった手術室です。
また、レントゲン室とつながっているため手術中のレントゲン撮影も可能です

隔離室

隔離室

感染性疾患の動物専用の入院室も備えております。

セルタック&富士ドライケム

セルタック&富士ドライケム

短時間で血液検査が行えます
院内にて、迅速にCRPの測定も行えるようになりました

顕微鏡

顕微鏡

病原菌の発見や、病気の診断に用います

デジタルX線画像診断システム(FCR)

デジタルX線画像診断システム(FCR)

レントゲン写真をパソコンに取り込むことで、より詳しく調べたい部位の拡大や協調ができます

超音波診断装置

超音波診断装置

カラーエコーを用いることで、心臓や内臓の病気の早期発見ができます

モニター

モニター

手術中の動物の状態をしっかり管理するために使います

心電計

心電計

不整脈がないか調べるために使います

超音波スケーラー

超音波スケーラー

超音波振動で、歯を傷つけずに歯石を取り除きます

歯科用レントゲン装置

歯科用レントゲン装置

電子内視鏡(FTS 2200)

電子内視鏡(FTS 2200)

誤って飲み込んでしまったものを取り出したり、食道や胃の状態をモニターを通して観察することができます

眼科用顕微鏡

眼科用顕微鏡

手元を拡大することで、細かい部位の手術が可能になります

眼圧計(トノベット)

眼圧計(トノベット)

眼圧を測定することにより、緑内障やぶどう膜炎の診断を行えます
検査は無麻酔で短時間で実施可能です

デオシャワー(オゾン水精製器)

デオシャワー(オゾン水精製器)

抗菌作用のあるオゾン水を精製する装置です 特に感染を伴った外傷の治療に効果を発揮します

動物用歯科ユニット(Airvets)

動物用歯科ユニット(Airvets)

超音波スケーラ―、高速および低速ハンドピース、3wayシリンジ、バキュームがついた歯科用ユニットです 歯石の除去や歯の表面の研磨はもちろん、外科的抜歯をはじめとした口腔内処置を、安全かつ簡便に実施できます

▲