デンタル

人と同様に、動物においても歯とお口のケアは、健康の維持に欠かすことはできません。
ケアを怠ると、歯周病をはじめとした口の病気にかかってしまい、痛みから攻撃的になったり、
全身に歯周病菌がまわって体調を崩してしまう可能性もあります。
こうした事態を防ぐためには、飼い主さん自身が愛犬のお口の状態を気にかけ、
歯磨きをはじめとしたお口の手入れをしていただくことが重要です。
とはいえ、動物はもともとお口のケアを嫌がるもの。
また、どんな状態が正常なのかがわからないという方も多いかと思います。
ケアの仕方でお困りの飼い主さんは、ぜひ一度ご相談ください。

犬・猫の歯の病気について

犬も猫も、ほとんどむし歯にはならない代わりに、歯周病が非常に多く見られます(犬では、すべての病気の中でもっとも多く、成犬の8割以上がかかっていると言われています)。その他に、犬では歯が割れたり磨り減ってしまう、猫では歯が吸収されてしまうといった病気が多く見られます。
これらの病気には、見た目だけではわからないものが多く、元気や食欲がないといった体調不良の原因が、よく調べたら実はお口の中にあったということも珍しくはありません。そういった場合には、お口のレントゲン検査や、専用の器具を使ったお口の中の検査などで原因を探り、適切な治療をする必要があります。

お口が歯石などで汚れている、臭いが気になる、涎が多くなった、口周りをこするなどの症状が認められる場合には、一度受診をおすすめします。

無麻酔での歯石除去

最近、動物病院のほか、ペットサロンなどでも「無麻酔歯石除去」を行っているところを多く見かけます。
もちろん、高齢の動物で麻酔をかけられない場合などには、無麻酔で可能な範囲の歯石・歯垢を除去することで、口臭や歯周病の軽減に一定の効果がありますが、麻酔をかけられる状態の子であるなら、無麻酔での歯石除去はおすすめできません。

動物に多い「歯周病」は、その病名の通り、「歯の(根っこの)周りの病気」です。そのため、無麻酔で見えるところの歯石・歯垢だけを除去しても、あくまで「見えるところをキレイにしているだけ」になってしまうのです。最悪の場合、ほんとうに治療すべき病気の根本部分の見逃し、放置につながってしまいます。
そのため、動物のお口の処置には、麻酔をかけてのレントゲン撮影や専用の器具を用いての歯周ポケットの検査による、歯の根の周り(骨や靱帯など)の状態の把握と、その上での徹底した「歯周治療」が不可欠なのです。

▲